女性とビジネスマン

需要と今後の予測

障害者の就職について

昔は障害を持っているというだけで、企業等へ就職することは困難でした。近年では国の支援や企業の理解が深まったこともあり、一定の就職が可能となってきています。また、企業にとっても障害者を雇用することにメリットがあります。障害者を雇用するために必要な会社の整備費や人件費の一部助成等かなり手厚い支援を国から受けることができます。障害者だから仕事が困難という事は偏見でしかありません。障害者でも有能な方は世の中にたくさん存在します。障害者の方の就職支援を行う国の姿勢は評価しますが、理想は企業の自発的な雇用促進です。

これから

国の支援策があるものの、まだまだ障害者の就職率は低いとされています。これからも企業の努力と国の支援はある程度必要でしょう。 障害者の就職に対して一番重要な点は、障害者自身の姿勢と受け入れる側の体制や考え方です。双方がマッチングすれば今よりもっと障害者の就職は増えていくでしょう。就職率アップは国全体にとっても有益だと考えられています。有能な人材発掘や自立支援のためには、受け入れ側の理解は必須です。一般の方同様に就職先の候補数があるとは限りませんが、昔よりは受け入れ先が格段に増加しているのは事実です。今後もそういった外的環境が整えば、就職先も増えていくでしょう。今後の企業の考え方や人が人を思う気持ちが良い方向に向かうことが期待されます。